テレワーク用ブース型家具 Priws(PRIvate Working Space)

海外工場で製作することで低価格を実現

ドアの2重構造化などによりオフィス環境において最大40dBカット


働き方改革の普及とともに、働く場所や時間、社内会議やお客様との商談スタイルが多様化しています。

テレビ会議やウェビナーなど新しいビジネス様式が増える中、

オフィスや自宅で周囲と遮断されたプライベートな空間が求められています。

「テレワーク用に自分だけの静かなプライベート・ワーキング・スペースが欲しい」

「会議室が足りないので防音ブースが欲しい」

「個室型ワークブースが欲しい」

Priws(プリウス)はこのようなニーズのために開発されたブースです。

【防音ブースPriws ブラック&オーク 新登場】
テレワーク用ブース

【防音ブースPriws ブラック&チェリー】
テレワーク用ブース

【防音ブースPriws ブラック&ホワイト】
テレワーク用ブース


Priwsは組み立て式の家具なので、どこでも簡単に設置することが可能です。

適切な防音性能を備え、換気扇で空気を循環させることでブース内の温度を一定に保ちます。

デスクとコンセント類、そして天井部のLED照明も標準装備です。

オプションで消防法への対応や各種カスタマイズも可能です。

自宅でのテレワーク、オフィスでの防音ブースとしておすすめです。

テレワーク用ブース
テレワーク用ブース Priws内部

標準サイズ

W1,000×D1,200×H2,050

標準装備

LED照明、換気扇、コンセント、煙感知器、遮音シート

標準価格

¥398,000 (消費税・送料・施工費別)

納期

受注生産のため、ご発注から納品まで45日程度


<<お客様の声>>


アステックペイント株式会社様

アステックペイント株式会社様は福岡本社を基点に東京と大阪に営業所を構え、PROTIMESというブランド名で日本全国に加盟店を持つ建築塗料メーカーです。(https://astecpaints.jp/)

テレワーク用ブース
代表取締役の菅原徹氏

同社では各拠点に計16台のプリウスを導入し、効率的な業務を展開させています。

プリウス導入までの経緯について代表取締役の菅原徹氏にお話を伺いました。

―プリウス導入のきかっけについて教えてください

菅原氏:弊社はコロナ禍でもテレワークは導入せず、全社員が出社する事でモチベーションを高め、業績を拡大させてきました。一方で、コロナ禍により対面営業が難しくなり、WEB会議が一気に増えました。社内の会議室は常に満室で、かつ広い会議室をひとりの営業マンが独占してしまうという問題が発生していました。個別会議スペースの確保が最優先課題となり、すぐに総務部にワークブースの検討を指示しました。

WEB会議用ブース
コロナ渦でも活気のある福岡本社内

―プリウスを選択した理由を教えてください

菅原氏:数社のワークブース製品の中から什器メーカーO社とK社、そしてロータス社のプリウスが最終選考まで残りました。その中でもプリウスは圧倒的にコストパフォーマンスが高いと感じました。見積もり合わせをした際に、O社やK社の製品を1台の予算でプリウスなら4台導入できることがわかり大変驚いたことを覚えています。ショールームで実物も確認し、居住性、遮音性共に必要十分で申し分なかったためプリウス導入を決めました。

―プリウス導入後の状況を教えてください

菅原氏:現在、福岡本社ではフロアー内にWEBスペースを設け、スタッフは完全個室のプリウスに入るかオープンスペースで作業するかを選択できるようになっています。

テレワーク用ブース
福岡本社のWEBスペース

菅原氏:プリウスは“静寂な環境で仕事に集中できる”ことから人気が集中しフル稼働状態です。近々さらに増設を予定しています。プリウス導入によって、営業マンがお客様と効率良くWEB商談を進められるだけではなく、自社開発したアプリのWEBサポートや入社希望者とWEB面接をするなど幅広い業務に大変役立っています。

プリウスが提唱する「あたらしい働き方」が実現できていると思います。

WEB会議用ブース
東京営業所にズラリと6台並んだプリウス

事例


防音ブース 防音ブース
神奈川県相模原市 Priws連結設置

防音ブース
東京都中央区 Priws 4台設置